【XM】初心者必見!『XM』のキホンをやさしく解説!

XM

いまや海外FXは初心者にも馴染み深いものになり、海外業者でFXデビューを飾るという人が増えてきました。
ひとくちに海外業者といってもさまざまありますが、初心者から上級者まで、幅広いユーザー層に利用されているのがXM(エックスエム)です。

今回はXMを使うFX初心者のために、XMの基本情報とそれに深く関わるMT4の操作方法などの基礎知識をお伝えしたいと思います。
これからお伝えすることはXMのみならず、他の海外業者にも共通する部分が多くありますので、XM以外の業者をご利用の方もぜひともご覧ください。

またXMの口座を開設していない方は、以下のページでわかりやすくXMの口座開設方法を説明しているので先にチェックしてみてください。

XMの座開設方法の詳細はこちら!

そもそもXMとはどんな業者?

XMは海外FX業者の中では非常に有名な会社のひとつです。国内外問わず、数多くのトレーダーたちに支持されているXMにはたくさんの魅力があります。

  1. 手数料無料
  2. 最大レバレッジ888倍
  3. 最大5000ドルのボーナス
  4. 約定拒否なし
  5. ライセンス登録あり
  6. 24時間サポート
  7. マイナス残高リセット

ここでは初心者の方でも分かりやすいものだけをご紹介しましたが、そのほかの特長を知りたいという方は、ぜひともXM(エックスエム)の公式Webサイトをご確認ください。

XMでトレードをはじめるために行うこと

XMでトレードを行うためには、MT4(MetaTrader4/メタトレーダー4)と呼ばれるプラットフォーム(FXトレードソフト)を利用します。
このMT4は世界で最も多く利用されているプラットフォームとして、FXトレーダーの間ではあまりにも有名です。
ちなみにMT4の上位互換としてMT5がリリースされましたが、これは少々複雑になるため、ここでは初心者にもやさしいMT4の基礎知識をお伝えします。

XMだけでなく、他の海外業者ユーザーの方もこのMT4を使ってトレードすることになりますから、その基礎知識はぜひとも頭に入れておきましょう。

MT4をダウンロードする

XMで口座を開設したら、次にMT4をダウンロードしましょう。

XMのWebサイトトップページにある「プラットフォーム」をクリックします。

次に各種MT4(MT5)の一覧が表示されますので、自身のPC・スマートフォン環境に合ったMT4のダウンロードページへと移りましょう。

ダウンロードページ下部にある「ダウンロード」をクリックすればMT4のダウンロードが開始されます。

すると「xmtrading4setup」というファイルがPCに追加されます。これを開き、各PCのインストール方法に従ってインストールします。

※海外在住の方は「xmglobal4setup」などと名称が一部異なる場合があります。

MT4にログインする

インストールが完了したら、早速MT4を起動してログインしましょう。

MT4が起動できたら、MT4画面左上にある「ファイル」→「取引口座にログイン」をクリックしてください。

すると「取引口座のログイン情報」というウィンドウが表示されます。「ログイン」
「パスワード」を入力、「サーバー」を選択してログインします。

 

ログインしたのにMT4が動かない…原因は?
こうした場合、MT4のログインに失敗していることが考えられます。
MT4にログインができたかどうか確認するためには、MT4画面右下にある「接続状況」から確認できます。

この接続状況に「無効な口座」や「回線不通!」と表示されている場合はログインできていませんので、再度入力したIDやパスワードが間違っていないか再確認しましょう。
初心者の方に多いのが「選択したプラットフォームが間違っている」ことによってログインできないというケースです。
そのためログインできない場合には、いま一度自身の入力情報を確認してみましょう。

MT4の基礎知識

ここからはMT4を使ったトレードに最低限の必要な基礎知識をお伝えします。テクニカルな操作は、この基礎知識をしっかりとマスターしてから覚えていくようにしましょう。

MT4 各種ウィンドウの概要

MT4の初期画面では大きく6種類のウィンドウが表示されています。それぞれ確認していきましょう。

①チャートウィンドウ:選択した通貨ペアの値動きをチャート(グラフ)で表示させるためのウィンドウです。

②メニューバー:MT4のすべての機能にアクセスできるメニューです。

③ツールバー:MT4でよく使う機能がここに並んでいます。

④気配値ウィンドウ:各通貨ペアの現在価格を一覧表示したウィンドウです。

⑤ナビゲーターウィンドウ:EA(自動売買)やインジケーターを素早く表示するためのウィンドウです。

⑥ターミナルウィンドウ:「口座残高」や「損益」など取引に関する情報を表示するウィンドウです。

トレードをはじめるための準備を整える

ここで本記事がおすすめするMT4の設定をご紹介します。これからご紹介する設定は初心者向けの極めてベーシックなものですので、まずはこれに慣れてから次なるステップを目指してください。

まずはチャートウィンドウを変更しましょう。
画面左上の「ファイル」→「新規チャート」を選びます。

すると通貨ペアの選択メニューが表示されますので、希望の通貨ペアを選びます。

これを選ぶとチャートが表示されます。

同様の操作をもう一度繰り返し、チャートを2つにします。
チャートが2つ表示されました。

これを整理するために、ツールバーの「ウィンドウの整列」をクリックします。

2つのチャートが奇麗に並びました。

続いて、チャートの時間足を変更しましょう。チャートの時間足を変更するためには、まず対象のチャートを選択します。
まずは左側のチャート上部の水色部分をクリックします。


チャート上部の水色が濃くなったら、ツールバーの「時間足選択」から「5分足(M5)」をクリックします。

同様の操作で右側のチャートを「1時間足(H1)」にします。

続いて、先ほどの要領でチャートを選択し、ツールバーの「ロウソク足」をクリックします。これで左右のチャートをロウソク足にします。

このままだとチャートの足が小さすぎて分かりづらいので、これを大きくします。ツールバー上「ロウソク足」の右側にある「ズームイン」を数回押して、自分の見やすい大きさに調整します。同様の作業で左右のチャートを整えましょう。


下の画像のようにチャートがずいぶんと見やすくなりました。

最後にチャート左上の小さな三角をクリックします。

すると対象の通貨ペアの現在価格が見やすく表示されました。

これをクリックするとすぐに取引にエントリーすることができます。

以上、これが本記事がおすすめするMT4のトレード画面設定です。ぜひともこれを基本として、自分のトレード画面や手法を確立していってください。

今回ここでお伝えしたXM(MT4)のキホンを押さえて、1日も早い脱初心者を目指しましょう。

 

MT4の基本操作を覚えたら、次は実践的なチャートの設定方法を確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました