【XM】人気FX会社『XM』の退会方法を解説!

XM

FX初心者の中には、”いざ口座開設してみたけどやっぱり退会したい”と思う人もいることでしょう。
いまやFX業者はたくさんありますが、こうしたFX業者の多くは退会手続きになにかと手間がかかります。そのため退会時の手続きが面倒で、利用していない口座をそのまま放置しているという人は少なくありません。

「FXを引退する」「しばらくFXをお休みする」という場合、口座を放置するよりは、やはりすっきりと退会してしまった方がよいでしょう。なぜなら、FXの口座を長い間放置しておくことのメリットはあまりないからです。
FXの海外業者は、そのほとんどが簡単に口座を開設することができます。そのため、長期間口座を放置してしまうような状況であれば、ひとまず退会することを検討してみてはいかがでしょうか。

そこで今回は、退会手続きが簡単なXM(エックスエム)にスポットを当てて、その退会方法を解説していきたいと思います。
多くのFX初心者にも利用されているXMですから、いざというときのためにもその退会方法はぜひとも押さえておきましょう。

取引しない人が退会(口座解約)した方がいい理由

FXにおいて、口座を長期間放置していると「口座凍結」されることが一般的です。放置口座に対して凍結処理を行うまでの期間はFX業者によって異なりますが、XMでは90日間口座を放置していると口座凍結の対象となります。XMのこの90日という期間は他のFX業者に比べて比較的短いといえます。

一般に「口座凍結」と聞くとどこかマイナスなイメージが先行してしまいますが、FXではこれがユーザーの資金保護を目的として行われています。
放置口座は悪意を持った第三者により不正にログインされ、口座残高を勝手に引き出されるといったリスクが高まります。そのため、FX会社はこうしたトラブルを避けるために口座凍結を行い、誰も対象口座にログインできないようにしてユーザーの資金を守ります。
XMでは短い放置期間でこの口座凍結の対象となるということですから、ユーザーに対する保護意識が高いということがいえるでしょう。

XMの「口座凍結」をさらに詳しく

XMにおいて、口座の放置が90日に達した場合、対象口座の残高状況に応じてその対応が変わります。

  • 放置口座に残高がない場合
    「強制退会」となります。
  • 放置口座に残高がある場合
    「休眠」扱いとなり、この口座の維持費として毎月5ドルが口座残高から引き落とされます。

XMでは、「休眠」となった口座から毎月5ドル引き落とされていくわけですが、これにより口座残高が”0″となった場合はやがて強制退会となってしまいます。

先述の通り、口座の凍結はユーザーの資金保護のために行われています。XMは多くのユーザーを抱えるため仕方のないことですが、口座を放置していると毎月の口座維持費を支払わなくてはなりません。これは非常にもったいないことですから、長い間取引を行っていなかったり、しばらくFXをお休みする予定であれば、一度退会することをお勧めします。

XMの退会方法を解説

まずはXMの「会員ページ」にログインしましょう。
ログイン後、会員ページトップにある「マイアカウントの概要」の「アクション」をクリックします。

 

すると、「入金」「資金の出金」をはじめとしたさまざまな項目が出てきますので、いちばん下の「口座を解約する」を選択しましょう。

 

次に取引口座の解約ページに移ります。このページにある「取引口座を解約する」をクリックします。するとすぐに登録メールアドレスへ確認用メールが送信されます。

 

この確認用メールはすぐに届きますので、これが届かない場合は「Eメールを再送する」をクリックしましょう。

確認用メールには、口座の解約手続きを進めるためのリンク(「取引口座を解約する」)が貼りつけられていますので、これをクリックします。
(このリンクの有効期限は24時間となりますので、ここで退会をキャンセルしたいと思ったら、リンクの有効期限が過ぎるのを待つだけでOKです)

リンク先の「取引口座を解約する」をクリックして退会完了となります。

口座解約の際の注意点

退会(解約)する際は、口座に処理中の「出金依頼」や「残高」、「資金振替」、「未決済取引」がない状態である必要があります。

未決済取引がある場合
ポジション決済や資金振替が完了してから24時間経過後に退会(解約)手続きが可能となります。

※XMでは口座内に残高がある場合、退会(口座解約)することはできません。ところが万が一、口座に資金が残っている状態で退会処理が行われた場合、この資金が返ってくることは期待できません。そのため、退会時には口座内に資金が残っていないか必ず確認するようにしましょう。

退会申請後「やっぱりキャンセルしたい…」そんなときは?

XMでは所有している口座が1つのみである場合、退会処理に24時間を要します。そのため、この間に会員ページにログインし、該当口座を再度有効にすることが可能です。また、この24時間以内に資金の入金をすると、自動的に口座が有効になります。
つまりXMでは退会(解約)申請後、24時間以内であればこれをキャンセルすることが可能です。いうなれば、これが退会キャンセルのラストチャンスということになります。
とはいえ、XMでは一度退会しても再び口座開設することができますので、退会に関してはそこまで重く考える必要はありません。

今回の記事のまとめ

  • 「長い間トレードを行っていない」という初心者XMユーザーは、毎月知らずに5ドル支払っている
  • XMの退会方法はかなり簡単
  • 退会申請後、24時間以内であればキャンセルできる
XMの退会フローチャート
  1. 「会員ページへのアクセス」にて、IDとパスワードを入力して会員ページにログイン
  2. 会員ページ「マイアカウントの概要」の[アクション]から「口座を解約する」の項目を選択
  3. 取引口座の解約ページ内「口座を解約する」をクリック
  4. 確認用メールを受信(届かない場合は「Eメールを再送する」をクリック)
  5. 確認用メール内のリンク(「取引口座を解約する」)をクリック
  6. リンク先にてもう一度「取引口座を解約する」をクリックで退会完了

 

この工程で退会の作業は全て完了です。

後日、再度XMの口座を解説したいときは当初解説した時と同じように登録可能です。

XMの口座解説方法はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました