『通貨ペアの選び方』各通貨の特徴や初心者におすすめの通貨ペアをご紹介!

FX初心者向け

FXにはトレード対象となるさまざまな通貨ペアがあります。とりわけ海外業者においては、取引可能な通貨ペアが非常に多いため、ときにトレーダーたちを悩ませてしまいます。”どの通貨ペアでトレードをするか”、これは多くのトレーダーが一度は迷い考えることでしょう。

そこで今回は『通貨ペアの選び方』をテーマに、各通貨の特徴初心者におすすめしたい通貨ペアをご紹介します。通貨ペア選びで悩んでいるという方は必見です!

まずは通貨ペアの分類を知ろう

ひとくちに通貨ペアといっても、大きく2つの種類に分けられます。

メジャー通貨


これは多くのトレーダーに取引されている主要な通貨ペアとなります。このメジャー通貨を構成する基本7通貨は以下の通りです。

  • 米ドル/日本円 (USD/JPY)
  • ユーロ/日本円 (EUR/JPY)
  • 英ポンド/日本円 (GBP/JPY)
  • 豪ドル/日本円 (AUD/JPY)
  • NZドル/日本円 (NZD/JPY)
  • カナダドル/日本円 (CAD/JPY)
  • スイスフラン/日本円 (CHF/JPY)

上記7種類の通貨ペアがメジャー通貨と呼ばれています。これにプラスアルファとして対日本円以外の通貨ペア、

ユーロ/米ドル (EUR/USD)

これも多くのトレーダーに取引されていますので、ぜひとも覚えておきましょう。

メジャー通貨はFX初心者におすすめの通貨です。特に米ドル/日本円は初心者にとっていちばんやさしいでしょう。

 

マイナー通貨


これは別名「エキゾチック通貨」とも呼ばれています。取り扱っているFX業者が少ないため、多くのトレーダーがこれらを取引する機会は少ないといえます。
マイナーな通貨であるため、流動性が悪く、スプレッド(取引手数料)が高いので短期売買には向いていません。また値動きが荒いため、ハイリスク・ハイリターンともいえる通貨です。

  • 南アフリカランド (ZAR, 南アフリカ共和国)
  • トルコリラ (TRY, トルコ共和国)
  • メキシコペソ (MXN, メキシコ)
  • ノルウェークローネ (NOK, ノルウェー)
  • スウェーデンクローナ (SEK, スウェーデン)
  • ポーランドズロチ (PLN, ポーランド)
  • ハンガリーフォリント (HUF, ハンガリー)

これらマイナー通貨はトレードが非常に難しいので、FX初心者にはおすすめしません。そのためまずは、マイナー通貨でトレードに十分慣れてから挑戦するようにしましょう。

「メジャー通貨」 それぞれの特徴

それでは、メジャー通貨の特徴をひとつずつみていきましょう。

米ドル (USD)

米ドルといえば、いわずと知れた世界を代表する主要な通貨です。そのためFXにおいてもその取引量は最も多く、安定して価値を保っていることが大きな特徴です。

ところが度々起こる世界の出来事においては、アメリカが関係することが非常に多いため、世界の動きの影響を受けやすいという側面もあります。
特に現アメリカ大統領(2020年1月現在)であるドナルド・トランプ氏は、Twitterを通して過激な政治的発言を頻繁にすることから、一瞬にしてドルの価値が急騰・暴落する場面がこれまで何度もありました。

とはいえ先述した通り、米ドルは世界の基軸通貨であるため、平時は安定しています。
またドルの流通国であるアメリカは世界トップの大国ですから、その動向をニュース等で把握しやすいことは、トレードをする上で非常に有効です。

こうしたことから、FX初心者には米ドル/日本円の通貨ペアがおすすめです。

ユーロ (EUR)

ユーロといえばEU(欧州連合)加盟国で広く流通している通貨です。比較的値動きが激しいため、短期的なトレードで利益を出したいトレーダーに人気があります。

ユーロはヨーロッパ諸国で使われている共通通貨のため、ヨーロッパ圏の経済状況や世界ニュースに影響を受けることは覚えておきましょう。

ユーロは2002年に発足したばかりのまだ若い通貨ですが、その流通量は米ドルに次いで世界第2位を誇っています。

英ポンド (GBP)

英ポンドは英国(イギリス)で流通している通貨です。対円に対して通貨価値が高いため、小さな資金で取引するには向かない通貨です。
メジャー通貨の中でも突出して1日のボラティリティ(値幅)が広いため、大きな獲得pipsを狙うトレーダーに多く取引されています。
また値動きが非常に激しいため、急騰や暴落が頻繁に起こるのが特徴です。これにより一瞬にして退場者を続出させることから、トレーダーたちの間では「殺人通貨」と呼ばれ恐れられています。

英ポンドは非常にリスキーな通貨ですから、FX初心者にはおすすめできません

豪ドル (AUD)

一般に豪ドルはスワップポイント(日本円との金利差で発生する利益)が高く、高金利通貨といわれています。買いポジションを長期的に保有して、このスワップポイントの獲得を目的とするトレーダーに人気のある通貨です。

オーストラリアは経済活動において中国と密接な関係にあるため、中国経済の影響を受けやすい通貨です。そのため豪ドル/日本円でトレードする際には、中国の動向にも目を向けましょう。

また資源国通貨ということで、石炭や鉄鉱石、銅の価格との連動性が高いことも特徴です。

ニュージーランドドル (NZD)

ニュージーランドドルはオーストラリアと同じオセアニア通貨ということで、豪ドルと連動した値動きになることが特徴です。

他の資源国通貨に比べて、乳製品価格との関連が強い通貨です。

カナダドル (CAD)

カナダドルは一般的に「素直で扱いやすい通貨」といわれています。
値動きはあまり大きくなく、1日のボラティリティも小さいため、FX初心者にも比較的やさしい通貨です。

季節によって、その値動きに特徴がみられます。また、原油価格と深い関わりを持つ通貨です。

スイスフラン (CHF)

永世中立国であるスイス。その自国通貨であるスイスフランは、価値が安定していることが特徴です。
いわゆる安全通貨であるスイスフランは、有事の際に世界中のトレーダーから買われる傾向がみられます

【結論】FX初心者におすすめの通貨ペア

本記事では、FX初心者におすすめする通貨ペアとして以下のように結論付けました。

【FX初心者におすすめの通貨ランキングTOP3】
1位 米ドル/日本円 (USD/JPY)
2位 NZドル/日本円 (NZD/JPY)

3位 カナダドル/日本円 (CAD/JPY)
通貨ペアは必ず対円(〇〇/日本円)で
以上、各通貨の特徴を中心に解説しました。
各通貨によってさまざまな特徴がみられますが、自身の資金状況やトレードスタイルに合わせて通貨ペアを選ぶことが大切です。
“どの通貨ペアで取引をするか”、これは非常に悩ましいところではありますが、本記事を参考にぜひとも自身に合った通貨ペアを見つけ出してください。
通貨ペアの選択肢に縛られないためにも、通貨ペアの種類も多く、使いやすい海外FX業者「XM」の登録は必須になります。まだ解説していない方はこちらの記事を参考にご登録ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました