【MT4】FX初心者にこそみてほしい!見やすいチャートの設定方法

FX初心者向け

近年、海外FX業者を利用する国内トレーダーは増え、いまやMT4はすっかりと私たちトレーダーに馴染み深いものとなりました。
MT4といえば、多機能なことで世界中のトレーダーから支持されていますが、あなたはその機能を十分に活かしているでしょうか。

今回は、MT4の充実した機能を余すことなく活用するために、「チャートの見やすさ」をテーマにその機能を紹介していきたいと思います。
自身のMT4を見やすいチャートに設定することは、「ストレスのないトレード」や「トレードチャンスを捉える」上でとても重要なことです。
“常勝”を目指すためにも、ぜひとも本記事を参考にして見やすいチャートづくりをしてみましょう。

MT4の基本的な操作についてはこちらのページにわかりやすく説明してるので、先にチェックしたい方は参考にしてください!

【注目】見やすいチャートのつくり方 ー基本編ー

ここからは、見やすいチャートをつくるための設定方法をご紹介します。
本記事の終わりまで到達したときには、素敵なチャートが出来上がっているはずです。それでは、ひとつひとつ順番に確認していきましょう。

まずは現在表示されているチャートをすべて閉じて、「見やすいチャートづくり」の準備をしてください。


①取引通貨ペアを選択する

画面左にある気配値一覧から、取引したい通貨ペアを灰色のスペースにドラッグ&ドロップします。

同様の操作をもう一度繰り返し、チャートを2つ出します。

②チャートを整列させる

チャートが2つ出ましたので、ツールバーの「ウィンドウの整列」をクリックしてこれを整列させましょう。

このように2つのチャートが奇麗に整列されました。

③チャートをローソク足に変更する

デフォルトの表示のままだと非常に見づらいので、これを変更します。
MT4では3種類のチャート表示が可能ですが、最もポピュラーで使いやすいローソク足に設定しましょう。

チャートをローソク足に設定する場合は、まず対象となるチャートを選択しなければなりません。そのため、ローソク足に変更したいチャートの上部(水色の部分)をクリックします。


水色が濃くなり、対象となるチャートが選択されました。

ツールバー上にある「ロウソク足」をクリックします。

④チャートの拡大倍率を調整する

デフォルトのチャートは拡大倍率が低く設定されています。そのためこれを拡大させましょう。
ツールバー上の「ズームイン」を任意回数クリックして適切なサイズにまで拡大させます。

拡大の加減は下の画像を参考にしてください。

⑤チャートの時間足を変更する

続いてチャートの時間足を変更しましょう。ツールバー上に並んだ各時間足のアイコンの中から表示したい時間足を選びます。

[M1]⇒1分足
[M5]⇒5分足
[M15]⇒15分足
[M30]⇒30分足
[H1]⇒1時間足
[H4]⇒4時間足
[D1]⇒日足
[W1]⇒週足
[MN]⇒月足

ここでは、左のチャートは5分足に、右のチャートは1時間足に設定します。

⑥チャートの色を変更する

さらにチャートを見やすくするように、チャートの色を変更しましょう。チャートの色を変更するには色を変えたいチャート上で「右クリック」→「プロパティ」をクリックします。

すると「チャートの色設定」の画面が現れます。画像の赤枠内を変更します。

本記事で推奨するチャートの色変更は以下の通りです。

本記事推奨のチャート色設定

背景色:White
前景色:Black
グリッド:LightSlateGray (そのまま)
上昇バー:DodgerBlue
下降バー:OrangeRed
上昇ロウソク足:DodgerBlue
下降ロウソク足:OrangeRed
ラインチャート:Lime (そのまま)
出来高:LimeGreen (そのまま)
Askのライン:Red (そのまま)
ストップ・レベル:Red (そのまま)

するとこのようなチャートになります。

⑦チャートの右側シフト&自動スクロール

続いて、チャートが示す最新価格を中央に寄せるためにツールバーの「更新情報と共にチャートを自動スクロール」「チャートの右端をシフト」をクリックします。



以上で、デフォルトよりもずいぶんと見やすいチャートとなりました。

続いてインジケーターを設定していきましょう。

【注目】見やすいチャートのつくり方 ー上級編ー

前項の「見やすいチャートのつくり方 -基本編-」でチャートがずいぶん見やすくなったかと思いますが、これにインジケーターを設定してさらに見やすく機能的なチャートに仕上げましょう。

インジケーターを設定する

チャートにインジケーターを設定するにはメニューバーの「挿入」→「インディケータ」から設定したいインジケーターを選択することができます。

FX初心者の中にはインジケーターをあれやこれやと設定してしまう人がいます。
これでは情報量が多すぎてトレードの際に迷いが生じてしまいます。するとトレードチャンスを逃してしまったり、望ましくないタイミングでエントリーしてしまうという事態に陥ってしまいます。そのため、本記事ではシンプルなチャートを推奨しています。
ここで設定するインジケーターは2つのみです。

①ボリンジャーバンド


ツールバー上の「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Bollinger Bands」を選択。

すると、ボリンジャーバンドのプロパティ画面が表示されます。
これを「スタイル:」の色選択の項目を「Black」に変更し「OK」をクリックします。そのほかの項目は変更しません。


ご覧のようにボリンジャーバンドが設定されました。

②RSI


最後にRSIをチャートに設定します。
ツールバー上の「挿入」→「インディケータ」→「オシレーター」→「Relative Strength Index」を選択。

すると、RSIのプロパティ画面が表示されます。
これを「スタイル:」の色選択の項目を「Black」に変更し「OK」をクリックします。そのほかの項目は変更しません。

下記、ご覧のようにチャートにRSIが設定されました。これにて、本記事が推奨するチャートの設定は以上となります。

今回ここでご紹介したMT4のチャート設定は、あくまで本記事がおすすめするものです。そのため、ここで解説した各設定方法を応用して、ご自分のお好みに合わせたチャートをつくり上げましょう。

また、MT4は海外FX業者の「XM」とかなり相性が良いと評判で、かなり使いやすくなっています。
MT4の設定をする際は併せてXMについてもチェックしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました