【初心者】FXトレードの基本 「チャートの見方」を解説!

FX初心者向け

FX初心者にとって、自身のトレード手法の確立は”脱初心者”のための大きな課題となります。
FXのトレード手法として代表的なもののひとつに「テクニカル分析」があります。

テクニカル分析とは、取引する通貨の国の経済状況や動向などを考慮せず、チャートが示す情報を判断材料にしてトレードを行う手法です。

テクニカル分析において、基本中の基本ともいえるのは「チャートの見方」です。
このチャートといえば、FXトレーダーのほとんどが採用している「ローソク足」と「ボリンジャーバンド」です。今回はテクニカル分析の基本として、これら2つについて解説していきたいと思います。
トレードを有利に進めていく上でこれらは非常に大切なことですので、ぜひとも押さえておきましょう。FX初心者の方は必見です。

ローソク足 【テクニカルの基本①】

チャートの表示形式には3種類ありますが、その中で最もポピュラーなのが「ローソク足」です。
FXトレーダーにはお馴染みともいえるローソク足ですが、ここでその基本を押さえておきましょう。

参考までに、ローソク足を含めた3種類のチャートをご紹介します。

ローソク足

バーチャート

ラインチャート

上記3種類のチャートをみていただいて、ローソク足が最も見やすいと感じた人は多いのではないでしょうか。
これがローソク足が多くのトレーダーに使われる理由であることは間違いないでしょう。

ローソク足の見方

ローソク足とは、指定時間内(例えば1分や5分)に通貨価格がどれほど上昇・下降したのかを視覚的に分かりやすく示した表示形式です。
指定時間内に上昇した場合は「陽線」、下降した場合は「陰線」で表示されます。
※ここでは陽線は青、陰線は赤で説明します。陽線・陰線の表示色はお使いのトレードツールによって異なります

ローソク足の見方を解説する前に、これを理解するために必要な用語をはじめに覚えましょう。

始値(はじめね):その時間内のはじめの価格
終値(おわりね):その時間内の終わりの価格
安値(やすね):その時間内の最も安い価格
高値(たかね):その時間内の最も高い価格
陽線(ようせん):開始時の価格から高い価格で終わった場合につく線
陰線(いんせん):開始時の価格から安い価格で終わった場合につく線
それでは、ローソク足の見方を画像を使って解説していきます。

 陽線のケース (4時間足)



このケースでは、通貨の価格が100円で始まりました。この4時間の間に一時は高値となる130円と、安値となる90円にタッチしました。
そして4時間経ったとき、最終的に120円でした。

つまり、通貨の価格は4時間前に比べて20円上昇したことになります。

 

陰線のケース (4時間足)


このケースでは、通貨の価格が120円で始まりました。この4時間の間に一時は高値となる130円と、安値となる90円にタッチしました。
そして4時間経ったとき、最終的に100円でした。

つまり、通貨の価格は4時間前に比べて20円下落したことになります。

 

 

ちなみに、ローソク足についた上の細い線を「上ヒゲ」、下についた細い線を「下ヒゲ」といいます。


もうひとつ覚えておきたいのは、ローソク足が十字になった「同時線」です。これは始値と終値が同じという意味です。これはチャート内でもなかなかみることはありません。
これはトレーダーたちが”買うか、それとも売るか”と、どちらにしようか迷っているというシグナルともいえます。

ボリンジャーバンド 【テクニカルの基本②】

ローソク足と同様に、FXトレーダーのほとんどがそのチャートに取り入れているボリンジャーバンド。これはもはやFXのテクニカル分析には欠かせないインジケーター(計器)のひとつといって間違いないでしょう。

ボリンジャーバンドは簡単にいうと、統計学に基づいて考案された指標です。統計学と聞くと、どこか扱いが難しい感じがしますが決してそのようなことはありません。
ボリンジャーバンドはFX初心者にこそ使ってほしいインジケーターなのです。

ボリンジャーバンドの見方

その見た目に反して、ボリンジャーバンドの見方は意外とシンプルです。


①移動平均線 (ミドルライン)
②「+1σ」
③「-1σ」
④「+2σ」
⑤「-2σ」
※「σ」は「シグマ」と読みます


先にボリンジャーバンドは統計学に関わるものだとお伝えしました。
ボリンジャーバンドはこの統計学の標準偏差を基にして開発されたテクニカル指標ということで、統計学的な要素を強く含んでいます。


ボリンジャーバンドではミドルラインを中心に「3本のライン*」が帯状になっていますが、通貨の価格は統計学的に下記の確率に収まるといわれています。
※設定によりラインの本数は異なります

  • ±1σの範囲に収まる確率:約68%
  • ±2σの範囲に収まる確率:約95%
  • ±3σの範囲に収まる確率:約99%

 

これを上の画像で例にとってみましょう。
このチャートは5分足ですが、次の5分間の値動きが142.950-143.085付近に収束する確率が約68%であることがいえます。
さらに言えば、どんなに下落しても142.775付近、どんなに上昇しても143.150付近で止まる確率が約99%であるということになります。

これを考えると、ボリンジャーバンドをチャートに導入しておくことは、非常に有利にトレードを行うことができるといえるでしょう。

ワンポイントアドバイス
ボリンジャーバンドでは、視覚的に非常に分かりやすい前兆を示すことがあります。それは「スクイーズ」と「エクスパンション」です。

スクイーズ


ボリンジャーバンドのライン(帯)が収束している様子のことです。ラインがぎゅっと縮まって、反発するための力を溜めているような状態です。
このスクイーズがみられた後には、通貨価格が上下どちらかに大きく動く可能性が高くなります。つまり、トレンドが発生する前兆であるといえます。

エクスパンション


ボリンジャーバンドのライン(帯)が広がっている様子です。いわば、スクイーズで溜め込んだパワーを開放している状態です。
ボリンジャーバンドがこのエクスパンションを示しているときは、トレンドが発生している最中です。
エクスパンションで広がったラインもやがて収束するので、そのタイミングを見極めることがトレンドの終わりを捉えることに繋がります。

 

以上、テクニカル分析の基本となる「ローソク足」と「ボリンジャーバンド」の見方について解説しました。
本記事を足がかりとしてこれらの理解を深め、ぜひとも精密なテクニカル分析によるトレードを行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました